『減塩モニタ』は1日の塩分摂取量を簡単に測定できる機器です。 高血圧や腎機能に不安がある方、減塩食に関心をお持ちの方など塩分コントロールにお悩みのみなさまに減塩モニタをおすすめします。

トップ:『減塩モニタ』とは

『減塩モニタ』がNHKで紹介されました

高血圧診療で有名な国立九州医療センターの土橋卓也先生が名医として登場し、患者さんの減塩指導に減塩モニタを使用した事例が紹介されます。実際に使用した患者さんも登場、どのように役立ったか具体的にお話します。

おすすめ
番組名 「ここが聞きたい 名医にQ」タイプ別が効く!高血圧対策
番組内容 最新の高血圧対策や治療法を患者さんのケースで紹介

番組HP:http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/archives/2012/06/0616.html
番組動画 :動画放送は終了いたしました。ご視聴ありがとうございました。

NHKオンライントップページ:http://www.nhk.or.jp/

毎日どれくらい塩分をとっているか簡単に調べる方法があります。

『減塩モニタ』:クリックで拡大


[check]『忙しい朝でも簡単たったの15秒!』 …だから毎日続けられる

[check]『デジタル表示でひと目でわかる!』  …だから毎日続けられる

[check]『お手入れはさっと水で流すだけ!』  …だから毎日続けられる


日本人は塩分とりすぎ。あなたの塩分摂取量多すぎませんか?


[check]塩分のとりすぎは高血圧を悪化させ脳、心疾患の引き金になります

[check]家庭で血圧と塩分摂取量を計測し、高血圧の予防に努めましょう

[check]まずは1日の塩分摂取量10gを目指しましょう

90%,塩分多過ぎ

食塩10g

食塩10gはどれくらい?

『減塩モニタ』なら面倒な塩分計算は一切不要! ご家庭で簡単に正確な塩分量を測定できます。

塩分摂取量と推奨値

日頃から栄養バランスに気を配っている人でも、知らないうちに塩分をとりすぎています。日本人の1日の平均塩分摂取量は男性12.0g、女性10.3gで、各機関の推奨値を上回りWHOの掲げる塩分摂取量との差は2倍以上。年代別にみると特に50代以上の中高年では、男女ともに平均を大きく上回っています。 (厚生労働省:「平成19年国民健康・栄養調査結果」より)


食品に含まれる塩分量

産経新聞(2010/4/6)によると、「ヘルシーと注目される日本食だが、握りずし(8個)3.7g、とんかつ5gと多くの塩分が含まれ、日本人の食塩過剰摂取の一因にもなっている」と伝えています。
日本の食文化に欠かせないしょうゆ、みそ、漬物、塩干物には多くの塩分を含んでおり、いま以上の減塩をどう実現するのか”悩ましい問題”と結んでいます。



こんな方に『減塩モニタ』をおすすめします。


[check]減塩指導を受けている方や以下の疾患をお持ちの肉親がいる方

■高血圧 ■糖尿病 ■CKD ■心疾患 ■脳疾患 ■胃がん ■妊娠中の方

[check]生活習慣病(または予備軍)の方や運動不足で外食が多い方

[check]家族のために減塩食をはじめたがその効果を知りたい方

厚生労働省では1日当たりの食塩摂取の目標値を「成人男性が10g未満」「成人女性が8g未満」と定めています。塩分を過剰に摂取すると、高血圧をはじめとする生活習慣病の原因にもなります。手遅れになる前に塩分摂取量をご自身で把握して、食生活の改善につなげることがとても重要です。



  • 新着情報
  • 減塩トピックス
  • ご注文

減塩ブログ更新



製品活用ガイド

『減塩モニタ』がNHKで紹介されました

減塩モニタを使用した事例が紹介されます。実際に使用した患者さんも登場し、どのように役に立ったかを具体的にお話します。

おすすめ
(放送局 NHK教育テレビ(Eテレ)
番組名 「ここが聞きたい 名医にQ」タイプ別が効く!高血圧対策
放送日時 2012年6月16日(土) 20:00~20:45
番組内容 最新の高血圧対策や治療法を患者さんのケースで紹介

番組HP:http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/archives/2012/06/0616.html
番組動画:動画放送は終了いたしました。

NHKオンライントップページ:http://www.nhk.or.jp/


健康情報

高血圧
日本人の3大死因は、がん、心臓病、脳卒中で、この3つの疾患で全体の6割程度を占めています。最近の研究では、日本人の脳、心臓疾患の最大の危険…(続きをみる)

パンパン型
「パンパン型」とは、血液量が過剰になり、全身に行き渡らせるためにポンプ(心臓)の圧力(血圧)が高くなるタイプです。このタイプに関係が深いのが…(続きをみる)

ギューッと型
「ギューッと型」は、血管がギューッと収縮し、血液の流れに支障が出るため心臓がスムーズに血液を流そうとして勢いを増すことによって血圧が上がる…(続きをみる)

コレステロール
コレステロールは体内の細胞膜を作ったり、ホルモンの原料となったりする人体に不可欠の成分です。必要量の70~80%は肝臓で作られ、不足分は食物…(続きをみる)

メタボリック
内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい…(続きをみる)

糖尿病
糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンが不足したり、働きが悪くなることで、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす…(続きをみる)

心臓病
心臓病とは特定の疾患を言うのではなく心臓の疾患の総称で、心疾患とも呼ばれます。心不全(心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの…(続きをみる)

脳卒中
Q:そもそも脳卒中っていうのは、どういう病気なんだい?
A:脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞…(続きをみる)

慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)
20歳以上の成人の8人に1人が持つと云われる新たな国民病で、慢性腎臓病が進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れ等の症状が現れます。…(続きをみる)

クレアチニン
クレアチニンとは、筋肉内でエネルギーを発生させる際にクレアチンという物質から作られます。このクレアチニンの血中濃度・尿中濃度は、腎機能の指標…(続きをみる)

おすすめ 「メタボリック寒天ダイエット」 杤久保(とちくぼ)修先生が執筆されました。

おすすめ 「減塩ブログ」  減塩や健康に役立つ情報を提供しています。


減塩食のレシピ

にいがた減塩ルネサンス運動「おいしい!かんたん!減塩メニュー」をご紹介しています。

タンドリーチキン

写真の拡大 クリックすると大きな画像でご覧いただけます。


ご購入方法

塩分摂取量簡易測定器『減塩モニタ』にご関心をいただき、誠にありがとうございます。減塩モニタを使えば、家庭で簡単に毎日の塩分摂取量を一目で見ることができます。
是非この機会にお買い上げ頂き、減塩にお役立てください。

ご購入は、弊社直販、ネット通販のどちらかをご利用ください。

(1)弊社直販(ご注文用紙を弊社あてにFAXまたは郵送)

弊社直販

(2)インターネット通販を利用する。

インターネット通販



powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional